tel_054-663-0712

054-663-0712

navOpenBtn
header_nav_off
髪質改善トリートメント後

concept

急に枝毛が増えてきた人は、紫外線に注意!!

2019.05.09 ビューティー

こんにちは。

静岡市 髪質改善クリニック 五感鷹匠 髪の病院 スタッフの守谷です。

ここ数日でご来店されたお客様の中で、多かった事例が最近になって枝毛が急に増えだしたというものです。

これまで何ともなかったのに何でだろう?

不思議だとのご質問を頂いたのでご紹介いたします。

以前の記事にも書きましたが復習です。

そもそも紫外線にはUV-A,B,Cの3つが存在し

その内UV-Cはオゾン層に吸収されて地上には到達しません。

問題になるのがUV-A,Bですが

今の時期にピークを迎えてくるのがUV-B

夏以降にピークになるのがUV-Aです。

この双方の違いは、皮膚への刺激と浸透力にあります。

表皮まで達するUV-Bは、皮膚が赤く炎症を起こし

表皮の下層にある真皮にまで達するUV-Aは、皮膚を黒く日焼けさせます。


これが皮膚への影響です。

では髪への影響はどうでしょう?

毛髪に対し紫外線が当たると、毛髪は紫外線を吸収します。

本来は、毛髪内部にあるメラニン(毛髪の明るさはメラニンの量で変わります)が紫外線を吸収し

髪への影響を最小限に抑えてくれます。

防ぎきれなかった紫外線はどうなってしまうかというと

毛髪を構成する成分(アミノ酸等)を変質させ、毛髪を構成するタンパク質をダメージさせます。

更に、毛髪の骨に当たる結合にもダメージを与え、ダメージレベルを高めてしまう可能性があります。

また、人体は弱酸性で安定するため、プールや海水などといったアルカリ性に触れている状態では、その影響を加速させてしまいます。

サーファーの髪色が明るいのはこのためです。

ブログ画像
また、紫外線の影響を加速させる要因の1つが

現在、多くの方がされているヘアカラーです。

ヘアカラーが染まる原理は

一旦、毛髪を脱色した上で、別の色素を入れ込む事により染まります。

この脱色というのが、メラニン色素の破壊の事を指します。

実はヘアカラーは、紫外線から髪を守ってくれるメラニンを意図的に減らしてしまうのです。

メラニンが減れば、紫外線に対する保護が弱まりますので、必然的に毛髪はその影響を強く受けるようになってしまいます。

それを回避する方法の1つがサロンケアのトリートメントです!

紫外線以前に弱ってしまった髪を補修し、紫外線に対しても抵抗力を高めてあげる事で

今年の夏を気持ちよく過ごしませんか?♪

                       
  • 静岡の髪質改善 美容室 五感鷹匠
  • 〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠3-14-1 zenith 101号
  • >> アクセスはこちら
  • 営業時間:10:00-19:00
  • 定休日:毎週月曜日・第1,3火曜日
  • HP:https://gokantakajyo.com/

reservation

tel

tel

054-663-0712

営業時間 10:00-19:00 定休日 毎週月曜日 第1、第3火曜日

毎月のボランティア活動の案内

毎月のボランティア活動の案内
  • オープンして5年以上セーブザチルドレンへ売上の一部を寄付
  • 毎月、こども食堂の支援と参加(現在コロナ禍で閉会中)

フランチャイズ募集のご案内

フランチャイズ募集のご案内