tel_054-663-0712

054-663-0712

navOpenBtn
header_nav_off
髪質改善トリートメント後

concept

おススメ!サロントリートメント~美容院に通う頻度~

2020.05.30 おススメメニュー

美容院でのトリートメントも色々な種類があります。

「正直どれを選んだらいいのかわからない・・・」

「効果いまいち実感できない…」

そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実際、髪を見させていただいて、髪質のお悩みをお聞きし、なりたい髪へのイメージを教えていただければ

美容師が判断させて頂きます。そこはお任せください!

今日は、そんなわがままが叶うサロントリートメントのお勧めです。

そもそも…家のトリートメントと、美容院のトリートメントって何が違うの?

全然、違います!扱っている成分の濃さが違うんです

より詳しく知りたい方はこちらのブログをお読みください→家のトリートメントと美容院のトリートメントの違い

目次

  1. oggiottoの工程
  2. Oggiottoトリートメントのメリットとデメリット
  3. トリートメントに通う頻度
  4. 美容院でのトリートメントの効果を維持する方法

 

美容室で行うトリートメントには、いくつか種類があります。何を目的としてやっていくかによっても選ぶトリートメントは違います。

今日お勧めするトリートメントは、すっぴん髪を綺麗にするというより、お化粧をして髪を綺麗に整えていきましょうという発想のトリートメントになります。

ご存知の方も多いと思いますが魔法のシャンプーと言われるoggi ottoオッジィオットのシステムトリートメントです。

全部で11種類の薬剤を、あなたの髪の状態に合わせて、使うトリートメント剤を組み合わせていきます、

その組み合わせは何万通りもあり、あなただけのトリートメントと言われるのは、その為です。

あなただけのオーダートリートメントになる訳です。

そしてその後の経過をお聞かせいただければ、1回目より2回目、2回目より3回目と髪の状態に合わせて

グレードアップする事もできますし、足りない部分をより補う事もできます。

そうやって髪を育んでいくトリートメントになります。

 

Oggiottoの工程(髪のお悩みによって変わります)

オッジィオットトリートメントの工程は大きく分けて3つになります。

「髪のリセット」「内側の栄養補給」「外側のキューティクル補修」

です。それでは順番に説明していきますね。

・髪のリセット

最初に髪の毛や頭皮に残っている汚れを落としていきます。

毎日シャンプーしているも髪の毛や頭皮には普段のシャンプーでは落としきれない老廃物、

スタイリング剤のシリコンや不純物が落としきれずに残っていたりします。

そんな汚れをきれいに取り去り、素髪・素肌にしていきます。

この工程をきちんと行わないと、これから入れる栄養が上手に奥まで届かず、無駄になってしまいます。

素髪にすることで、これから入れる栄養が入る下地を作っていきます。

この工程をきちんと行うことで毛髪内部への浸透性を高めます。

そしてオッジィオットを含め、数種類用意してあるシャンプーの中から

あなたの髪質に合わせたシャンプーを使用し、

髪の汚れを優しく落とすと同時に、シャンプーに含まれる栄養成分を毛髪内部へ補充していきます。

リセットローションとシャンプーで綺麗になったすっぴん髪へ、次は栄養を入れていきます。

 

  • 内側の栄養補給

毎日のコテやアイロンなどの熱ダメージを受けている髪は楕円形に潰れて変形してしまっています。

これでは栄養の通る道が狭すぎます。そこで変形した髪を元の丸い状態に近づけます。

その後、毛髪内部の栄養分が通る道を整えます。人間でいう血管ですね。

ここをこれから入れる栄養分が通っていきます。

そしてダメージで穴だらけになった所を補修しながら、パサつきを抑える水分・ゴワつきを和らげる油分を

補いながら、髪に潤いと艶を与えていきます。

カラーやパーマ、日常積み重なった髪へのダメージで失った栄養を補い、髪にハリやコシを与えて

カラーやパーマの持ちをよくさせます。

髪の状態に合わせて、トリートメントを選び使用し、髪の芯・髪の内部・髪の表面に保湿力と栄養分を与え、

密度の濃い美しい髪へと導きます。

 

  • 外側のキューティクル補修

シリコンでキューティクルをコーティングするのではなく、キトサンと呼ばれる成分でキューティクルをケアしていきます。

キトサンは髪によく馴染み、剥がれてしまったキューティクルの代わりに膜を作り、引っ掛かりのない滑らかな髪にします。

髪の内部に浸透させた栄養分を逃さないように、しっかりとコートし、しっとりしなやかで艶のある髪へ導きます。

 

  • 仕上がり

復元ドライヤーで乾かすだけで、まとまり引っ掛かりの無い状態までキレイになります。

こうして、髪のリセット・内側補給・キューティクル補修を行い、髪を美髪へと導いていきます。

 

Oggiottoトリートメントのメリット&デメリット

メリット

・その日のうちに効果を実感できる  ・自分の今の髪の状態に合ったケアをしてもらえる

・施術前に行えば髪の傷みを最小限で抑える

何が自分の髪に足りないのか、プロの美容師があなたに合ったトリートメントを施術してくれます。

美容院でのトリートメントで一番のメリットと言えば、カラーリングやパーマをする前処理トリートメント。

これで髪の傷みを最小限に抑えてすることができます。

またごわついてまとまりのない髪や、もっとボリュームが欲しい、頭皮をスッキリさせたいなど、

個人の状況に応じて髪をチェックしてもらってから、自分に合ったトリートメントが出来るのもメリットと言えるでしょう。

デメリット

・持ちが悪い  ・根本的な解決にはならない  

トリートメント自体には修復機能はありません。髪から不足してしまった成分を補充して髪に被膜を作ります。

その為、一時的に手触りや見た目は良くなります。ただ成分が髪と完全に融合するわけではないので

時間の経過とともに取れていきます。取れ方は個人差があり、ホームケアの質が大きく関わってきます

トリートメントの効果が持続せずに、すぐとれると感じる方の原因の一つです。

 

トリートメントに通う頻度

では一体、どのくらいのペースで通ったらいいの?

一般的にトリートメントの持ちは3週間と言われています。

お勧めは3週間に1度です。先ほどもトリートメントは取れると言いましたが

例えば、トリートメント前の髪をレベル0とします。目指す髪をレベル30とします。

1回目のトリートメントで髪レベルは20ずつ上がり、1週間経過するごとに5づつ下がるとします。

1回目のトリートメントで髪レベル20

時間の経過とともに徐々に取れていきます。

そこで2回目を完全に落ちる手前、3週間経過の髪レベル5でやってあげると・・

2回目が終わった時には髪レベル25になっています。

そしてまた3週間経過のころ、髪レベル10でやると

3回目が終わった時には目指した髪レベル30になっているわけです。

しかしこれを完全に取れてしまってから行っていたら、髪レベル0と髪レベル20の間を行ったり来たりしているだけで

目指す髪レベル30にはいつまで経ってもたどり着けません。

そしてこの髪レベルの下がり度合いは時間の経過だけでなく、ホームケアのによっても変わってくるのです

 

美容院でのトリートメントの効果を維持する方法

もちろん、美容院でやればお家で何もしなくて良いと言うわけではありません。

ホームケアも、髪の扱いやすさや、トリートメントの効果維持には欠かせません

美容院で一気に補修した髪を、ホームケアでなるべく維持させていく、きれいな髪を保つにはこれにつきます。

トリートメント効果を維持するために、まず真っ先に見直してほしいのが、

毎日使うシャンプー&トリートメントこれを変えるだけで髪は見違えます。

普段何気なく使っているシャンプー&トリートメントを変える、これが1番髪を変えます。

特に今、ドラッグストアなどで手軽に買えるシャンプートリートメントをつかっているあなたは

高価なお金を払って行ったトリートメントを無駄にしています!

市販品が悪いと言っているのではなく、お悩みを抱えた髪には向かないからです。 

市販品は洗浄力の高いものが多く、必要な成分や油分でさえも、洗い流してしまうのです。

さっぱり洗い上げ成分が汗をかきやすい小学生には向いていても、あなたには強すぎる場合があるのです。

美容師さんに選んでもらったものを使っていけば髪は確実に良くなっていくと同時に

美容院で行ったトリートメントを長く維持できることも可能になります。

ぜひ試してみてください。

お勧めのシャンプー5選の記事もよかったら参考にしてみてください。⇒こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 静岡の髪質改善クリニック 五感鷹匠 by 髪の病院
  • 〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠3-14-1 zenith 101号
  • >> アクセスはこちら
  • 営業時間:10:00-19:00
  • 定休日:毎週月曜日・第1,3火曜日
  • HP:https://gokantakajyo.com/

reservation

tel

tel

054-663-0712

営業時間 10:00-19:00 定休日 毎週月曜日 第1、第3火曜日